煙草を吸う人の数と言うのは徐々に減っていると言いますが、それでも煙草を止めない人は多いものです。
また、煙草の値段が高くなったため、節煙をする目的で電子タバコを利用する人もいれば、煙草を止めるので禁煙外来に通う人なども多くいます。

煙草は身体には悪いと言っても、長年吸い続けてしまうとニコチン依存が高まってしまい、一人では禁煙が出来ないと言ったケースも多く、禁煙外来に通って煙草を止める決意をする人も多くなっています。

最近は路上での禁煙は厳しく規制が行われているケースが多く、駅周辺などでの路上喫煙は罰金の対象になっているエリアも在ります。
また、路上だけではなく雀荘の中での喫煙も出来ないケースもあると言われているのです。
雀荘は所謂麻雀を楽しむ施設であり、喫煙者は煙草を吸いながらマージャンを楽しむと言うのが昔からのスタイルです。

パチンコ店の中にも、喫煙席と禁煙席が分けられて分煙化が進められている施設も在りますが、雀荘はそれほど広いスペースでは無い事からも店内を全て禁煙にしている事が多いのです。

これも麻雀を楽しむ人の中には非喫煙者が増えているなどの理由からも禁煙になっているケースが多いわけです。

麻雀を楽しみたいけれども禁煙では辛いと言う人などの場合は、ニコレットを利用すると煙草を我慢することが出来ます。
ニコレットは禁煙補助剤として利用するもので、煙草を吸いたくなった時に、ニコレットを1個口に入れてから、ゆっくり噛むと製剤の中からニコチンが放出されます。

煙草を我慢している時は、体内からニコチン成分が減る事で煙草を吸いたくなるので、ニコレットを利用する事でニコチン成分が体内に入り、ドーパミンが放出されるため、煙草を吸いたいと言った気分を和らげてくれるのです。