人類の古くから喫煙行為を習慣とする文化を持っていました。
既に古代からタバコの葉を栽培して商品として流通させていたようです。
乾燥させた葉を細かく刻んで、パイプなどに詰め火を付けて煙を吸引する喫煙行為はかなり古くから行なわれていたのでしょう。
喫煙を習慣としていると、タバコに含まれているニコチンの中毒となります。
古代インカでは労働者や奴隷に報酬としてコカの葉を与え、過酷な労働での疲労感を中毒症状により紛らわしていたとされます。
現代では、コカはコカインなど違法ドラッグの原材料として広く知られております。
また、違法ドラッグのマリファナや大麻も乾燥させた葉を細かく刻み、火を付けて煙を吸引する喫煙に用いられます。
ニコチン以上に中毒性が高い有害な成分を吸引します。
常用すると確実に中毒となり、様々な幻覚や幻聴など人体に危険な作用を及ぼします。
タバコに含まれるニコチンには麻薬ほどの害はないと 認識されていますが、空腹感や疲労感などを一時的に紛らわして感じさせない作用があります。
これは、ある種の感覚を麻痺させているとも解釈できます。
ニコチンはまるで麻薬の一種、といっても過言ではありません。
中毒性があって依存症状が進むのは麻薬の特徴でもあります。