ニコチンとは、劇物及び劇物取締法で規制されている有害物質です。
身近なもので言えば、タバコに含まれています。
もちろん、致死量というものが存在し、ニコチンの致死量は、乳幼児で10-20mg、成人で40-60mgとされています。
なぜ、乳幼児の基準があるのかというと、ニコチンの誤飲・誤食です。
もっと具体的に表せば、乳幼児が誤って親のたばこを食べてしまうということです。
致死量10-20mgというのは、タバコ1本程度のものなので、食べたら致死量に達するという計算になります。
ただ、固形の場合は、分解に時間がかかるため、消化が遅く飲み込んだ場合でも多少の時間があります。
しかし、液体の場合は、すぐに吸収が始まってしまうため、即死と言われています。
治療方法が確立されており、殆どの場合で治ります。
摂取1時間以内に、重篤な症状が出た場合には、胃洗浄を行う必要があります。
また、重症の場合には、医師の指示にしたがって処置を施します。
しかし、殆どの場合は、ニコチン特有の作用である嘔吐によって吐出されます。
そして摂取4時間経過後でも、症状が出ない場合は、治療は行う必要はないとされています。
なので、ニコチンを誤って摂取してしまった場合でも、落ち着いて対処すると良いでしょう。